ぴたぱた日記 ハンガリー滞在記

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

登山鉄道と子供鉄道

2013/04/30 Tue

Cogwheel Train
<登山鉄道>

4月最初の週末の日記です。

まだまだ寒い日が続いていた4月初旬。
近くの(とは言っても子供の足で20分くらい)停車所からトラムに乗ってお出かけをしました。

この日の目的は登山鉄道と子供鉄道。
ブダペストのブダ側にはいくつか山があり、そのひとつ、セーチェニ山に登山電車が走っています。
ラック式と呼ばれる鉄道らしいですが、鉄道に詳しくない私には仕組みはさっぱり...。
ただ線路の真ん中にギザギザの歯みたいなレールが敷かれているのが見えました。

電車はゴリゴリと言う音を立てて山の急斜面をゆっくり登って行きます。乗った感じはさほどトラムと変わらないかな?でも山の斜面に並ぶ家を木々の合間にみながら、あっという間に山の上に登っていくのはなかなかいい気分。

次に乗る子供鉄道に連絡する駅より少し手前で登山電車を一旦下車し、駅のすぐ前にあるケーキ屋さん、Szamos Cukraszdaへ寄ってコーヒー&ケーキ。
店内にはおいしそうなケーキやチョコレートがずら~りと並んでいて、迷いに迷った挙句、私はブドウのムースケーキ、ダディは苺のムースケーキ、そしてあしゅりー&じょしゅあは色のキレイなマカロンを選びました。

Szamos.jpg

私達の座ったテーブルは個室のようになっていたので店内の雰囲気が写真に残せなかったけれど、落ち着いた感じの、とてもいい雰囲気のお店でした。
肝心のケーキは...すっごく美味しかった!
オーストラリアでは出会えない、とても繊細な味。味覚も視覚も満足するケーキです。

DSC_7489s.jpg

コーヒー&ケーキの後は再び登山電車に乗って、終点へ。
そこから次の目的の子供電車の駅まで歩きます。

Playground at Szechenyi Hegy
<子供鉄道の駅へ向かう途中、遊具を見つけて遊びだすふたり。
じょしゅあは地面に固定されている木の電車をくっつけようとがんばって押してみる。>


登山鉄道の駅から徒歩5分弱で子供鉄道の駅に着きました。
子供鉄道は電車の運転以外の業務を子供達が担い、電車を運行させているそうです。
切符の窓口にいるのも、車掌さんも、駅員もみんな鉄道の制服を着た小中学生ぐらいの子供達。
学校が休みの日によくがんばってるなぁ、と感心です。ボーイスカウトみたいなものなのかな?

Childrens Train
<子供鉄道>


この子供電車ではちょっとしたハプニングがありました。
まずそのハプニングの原因は、言葉の壁。私達はハンガリー語がしゃべれず、駅員の子供達は英語がほとんど通じなかったのです。

何度でも乗り降りできる「一日券・ファミリーチケット」を駅の窓口で買おうとしたところ「電車に乗ってから買ってください。」と言われ(たぶん電車がまもなく発車するからという理由)、電車に乗ってから(英語のできる他の乗客の助けを得て)車掌らしき女の子から切符を買おうとすると今度は、「ファミリーチケットは窓口で買ってください」と言われ、発車直前にダディとあしゅりー&じょしゅあを車内に残したままその車掌さんと連れ立って電車を降りることに。

いつダディとあしゅりー&じょしゅあを乗せた電車が発車するかとヒヤヒヤしながら窓口に戻る途中で車掌さんが他の駅員さんに相談をし、その結果「あとで切符を売りに行くから、電車に乗って」と言われ、切符のないままとりあえずダディたちの待つ車内へ。そして子供電車が出発しました。

駅を後にしてしばらくして、さっきの車掌さんが隣の客車で切符を切り始めたのが見えました。
ところが私達の最初の下車駅は一つ目の駅。車掌さんが私達の客車に入る所ではやくも駅に着いてしまいました。出口に向かう途中で車掌さんに「ここで降りたいのだけれど、切符は後で買うのでもいいですか?」と訊いてみるけれど、まったく通じない。車掌さんは「そちらに切符を売りに行くので座って待っていてください。」と言っているようで、席に座るように促します。私は一所懸命「この駅で降りたいんです」と説明するのですが、なかなか分かってもらえない。そんなこんなしているうちに電車が発進。

車掌さん、「あぁ~!」っと私達が慌てたのを見てようやく私達がここで降りたいのだという事を理解してくれました。
「ありゃりゃ~」と思っていると突然、車掌さんが電車のドアから身を乗り出して緊急用の笛を吹き、制帽を大きく振って電車を止めるように合図を出しました。駅で見送っていた駅員さん達もそれをみて急いで電車の運転士に緊急停車するよう合図を送りました。

電車はプラットホームから離れたところで停車し、責任者とみえる大人の駅員さんが何事かと慌てて駆け寄ってきます。
車掌さんが事情を説明すると、大人駅員さんは英語で「切符は次の電車の運転士から買ってください。」と教えてくれ、私達を降ろしてくれました。

無事予定通り下車できたのは良かったんだけど、まさか車掌さんに電車を緊急停車させちゃうなんて...。かな~り罪悪感でした。

ちなみに、一つ目の下車駅では駅の目の前にある有料アスレチック広場に行って見ようと思ったのですが、時間的にちょっと遅かったのと、じょしゅあの身長が足りなかったので結局諦めたのでした。

駅に戻って次の電車に乗り、ちょっと手こずりはしたものの何とかファミリーチケットを車掌さんから買うことが出来ました。(子供車掌さんと一緒に大人の車掌さんもいたので、何とかなりました。)

ふたつ目の下車駅はヤーノシュ山駅。
ここから歩いてブダペストで一番標高の高い地点、エルゼベットタワーに向かいます。
地面が濡れていて足場が悪い所があったり、傾斜がきつかったりする中、片道40分くらいの子供達にとっては長~い道のりでしたが、ふたりとも元気に歩いてくれました。そして途中の公園ではもちろん、寄り道。

DSC_7510s.jpg

エルゼベットタワーの一番上に立つころには私もヘトヘトでしたが、そこからブダペストを一望して達成感!
正確には一番上じゃなくて、上から2番目の階ですが...。一番上はとても狭くて風も強く、怖くて5秒もいられませんでした。(苦笑)

写真では分かりにくいですが、遠くにドナウ川や国会議事堂もかすかにみえました。
晴天だったらもっとはっきり見えただろうな。

Erzsebet Tower

帰りはまた、子供鉄道の駅まで歩き、そこから子供鉄道に乗って終点まで行きました。
子供鉄道の終点からはトラムに乗って街まで戻り、ショッピングセンターで夕飯を済ませてからまたトラムに乗って家に帰りました。

この日はよく歩いて、たくさん電車に乗った一日でした。
ハンガリーに来てから歩く事が多くなり、あしゅりー&じょしゅあは日毎に体力が増していると思っていましたが(なんてったて、我が家はエレベーターのないアパートの3階ですから!)、この日はまたふたりの成長に驚かされた日でした。


ブログランキングに参加しています。クリックで応援お願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

新しい幼稚園

2013/04/25 Thu

あしゅりー&じょしゅあ、イースター直後から新しい幼稚園に通い始めました。
ハンガリー語&英語のバイリンガル教育のモンテッソーリ幼稚園です。
クラスに3人先生がいる中、ふたりはハンガリー語を、そしてひとりは英語で子供達と接します。
そして通う子供たちはほぼ全員、ハンガリー人。でもバイリンガル教育の為、みんなある程度英語を理解しているようです。

20130403_164103s.jpg
幼稚園からバスとトラムを乗り継いで帰る日もあります。


ハンガリーにやってくると決まった時、あしゅりー&じょしゅあをインターナショナル幼稚園へ通わせようと考えていました。半年の短い間だし、ハンガリー語を習得させたいわけでもない。現地幼稚園に入れて言葉が通じない不安を与える必要もないかな、と思っていました。

ところが、予定外にもブダペストにアパートが見つかるまでの間ふたりは一ヶ月間現地幼稚園に通うことになり、そこでお友達も作り楽しく過ごす姿を見せてくれました。そこで、これなら別にインターナショナルじゃなくてもいいんじゃないか、と思い始めたわけです。反対に、インターナショナルは英語だけでつまらないとすら思えてきました。
ちょっと調べてみると、バイリンガル教育を施している現地幼稚園が私達が住む区域(インターナショナル幼稚園がある区域からは少し離れます)にもいくつかありました。

問題は園のプログラム。
どうやらこちらの幼稚園は自由遊びがほとんど。体育の時間があったり時間外のオプションのダンスクラスやチェスクラスがあったりはするのだけれど、それ以外は基本的に好きに遊んでいることが多いらしいです。
幼稚園最後の年の6歳児は小学入学準備として多少読み書きをするらしいのですが、それまではほぼ遊びのみ。そして毎日昼食後は2時間のお昼寝。ほとんど保育園とかわりません。
5ヶ月後にはオーストラリアの幼稚園に戻る予定のふたり。
現地幼稚園のプログラムでは、オーストラリアに帰った時にクラスについていけるのか、正直心配になってしまいました。「できない」ことではなく、「できない事で自信をなくし、クラスに馴染めない」ということが心配。
過保護だね、私。(苦笑)

結局、園の場所、設備、プログラム、保育時間、言語、クラスの人数、保育料、などなど考慮した上でバイリンガルのモンテッソーリ幼稚園になったわけです。ちょっと気になるけど我が子達に合うかどうか謎、だったモンテッソーリ教育を(会社が払ってくれるので)タダで試せる!っていうのも大きな理由かな。(笑)

ちなみに幼稚園は通常週5日保育なのですが、来年からはオーストラリアで週5日の義務教育が始まるあしゅりー&じょしゅあが私と一緒に過ごす最後の年ということで、木金曜日は幼稚園をお休みさせてもらっています。とは言え、フィールドトリップなど幼稚園行事が思いのほか多いので、木曜日に登園する週も多いのですが...。

Tropicarium.jpg
幼稚園を休んだ木曜日、「トロピカリウム」と呼ばれる水族館へ。

DSC_7537s.jpg
DSC_7538s.jpg


あしゅりー&じょしゅあが新しい幼稚園に通い始めてもうすぐ4週間になります。
初日から楽しんでいる様子で、クラスメートの名前もずいぶん覚えました。先生によると、ふたりともクラスによく馴染んでいるそうです。「もしかして、以前にモンテッソーリ教育を受けていたの?」と尋ねられました。お友達もできたみたい。お家に帰ってきてから、「ハンガリー語ではxxxというんだよ。」と私にハンガリー語を教えてくれます。(ときどき勝手に言葉を作り上げているので全面的に信用できませんが...)食事後にはイスをテーブルの中に片付けお皿をキッチンまで運び、「幼稚園ではね、こうやってやるんだよ。」と誇らしげに教えてくれます。

モンテッソーリ教育があしゅりー&じょしゅあに合っているかはまだ分かりません。
でも初日から一度も泣く事もなく、幼稚園を楽しんでいるところをみると、ここを選んで良かったと思います。

20130411_152203s.jpg




ブログランキングに参加しています。クリックで応援お願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

イースターinハンガリー

2013/04/23 Tue

いまさらですが、イースターの日記です。

オーストラリアでもイースターを祝いますが、ここハンガリーでもイースターは大切な行事。
ただ、祝い方が少し違うのは興味深いものです。

まず、グッドフライデー。この日はキリストが十字架に掛けられた日であり、とても大切な日。
オーストラリアではこの日は祝日になるのですが、カトリック教徒の多いハンガリーが通常の金曜日と同じ扱いなのには驚きました。
ちなみに、この日はお肉を食べない事になっているのですが、我が家唯一のキリスト教信者のダディ、会社でお昼にお肉を食べてしまったようです。普通に日替わりメニューでお肉入りのスープが出されていて、他の人も普通に食べていたから「グッドフライデーってこと忘れちゃった...」そうな。
キリスト教信者ではない私と子供達がダディに合わせてグッドフライデーにはお肉を食べないでいるのに...。

それから、ハンガリーではオーストラリアに比べてイースタークラフトやイースターの飾り物に凝っているようです。
卵形の飾りがお店のショーウィンドウから公園の植木まで、街に多くみられます。
あしゅりー&じょしゅあも幼稚園やお友達に誘われて参加した教会でのイベントなどで、たくさんの飾りを作りました。

20130320_162946s.jpg
幼稚園の親子イースタークラフト行事

DSC00514s.jpg

教会のイースタークラフトイベントではお友達のアレクサとおおはしゃぎ!

Cheeky Trio
あしゅりー&じょしゅあ(&私)のイースタークラフトの数々。
写真右下のうさぎはあしゅりーが作った植木鉢飾り。洗濯ばさみで作ってあります。
かわいくお顔が描けていて、私のお気に入り!
Easter Craft

イースター当日はオーストラリアでもポピュラーな卵探し。
日曜日の朝、部屋中に転がっているチョコレートの卵を拾い、イースターバニーが置いていったプレゼントをみつけて喜ぶあしゅりー&じょしゅあ。今年は極簡単にでしたが、それでも二人は喜んでくれたので良かった。

普通ならイースターには親族が集まって食事したりするのでしょうが、それもない私達は午後はブダペストに引っ越して初めて、バスに乗ってブダペストの中心部に足を運びました。

目的地はスプリングフェスティバル。
クラフトや食べ物などのお店があり、ちょっとしたコンサートも催されていて、たくさんの人で賑わっていました。
でも春だというのに、とにかく寒い!
温かいワインを飲みながらクルトシュカラーチと呼ばれるあまいパンを頬張りましたが、それでもあまりの寒さに耐えられず、少しだけみて早々と帰路につきました。
でもここで食べた焼きたてクルトシュカラーチ、炭火で焼かれていて美味しかった!

Easter in Hungary 1

この日ハンガリーのイースターに習ってハムとゆで卵、そして新鮮な野菜を食べました。
引越し直後で何も揃っていなかったのと、お腹が空いてなかったという理由でかな~り質素になってしまいましたが、ホントはもっと豪勢なんだと思います。
20130331_193117.jpg


イースターマンデー、オーストラリアではこれと言って特別なにをすることもないのですが、ハンガリーではちょっと違った習慣があるようです。

イースターマンデーの朝、男の子が女の子を訪ね、女の子を花に喩えて「美しく咲き続けるように水をあげたい」みたいな主旨の詩を朗読し、女の子の了解を得て香水を振り掛ける。以前は香水の代わりにバケツの水だったらしいです。
それに対して、女の子はきれいに飾り付けられた卵やチョコレートを男の子に渡すんだそうです。
...う~ん、バケツの水を頭から掛けられたらチョコレートをあげる気にはなれないのは、私だけ?

お店ではこの時女の子があげる卵の殻に色をつける着色料がたくさん売られていました。
この着色料(錠剤)をお酢と水に溶かし、固ゆでした卵を殻ごと漬けるんだそうです。そうすると鮮やかな色の卵が出来るんだそうな。試してみたかったのですが、ブダペストへの引越し直後とあってそれどころではありませんでした。
男の子がもらったゆで卵たちは、その後ふかしたポテトと一緒にスライスして耐熱皿に並べられ、チーズをのせてオーブンで焼いて食べるそうです。(と、あしゅりー&じょしゅあの幼稚園友達のママが教えてくれました。)

ということで、本物をみたことはないけれど、勝手なイメージで我が家でも実演してみました。笑

Easter in Hungary 2

と、こんな風に今年のイースターを“なんちゃって”ハンガリースタイルで祝ってみたのですが、どこまで当たっていたのか...?
でもいつもと違ったイースターが経験できただけでも満足でした。



ブログランキングに参加しています。クリックで応援お願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

春の陽気

2013/04/16 Tue



ここブダペストでも3週間前の雪がウソのように暖かくなってきました。

天気の良い春の日の昼下がり。
ナイロン製の買い物袋とお財布だけ持って、歩いて近くの小さなスーパーへ。

ふと、子供の頃に母と一緒に近所の商店街のスーパーへ歩いて買い物に行った記憶が甦ってきました。
母のナイロン製の買い物袋。商店街の個人経営スーパー。帰り道に買うみたらし団子。
懐かしさのあまり、思わず涙ぐんでしまいました。

そういえばオーストラリアでは車でショッピングセンターへ行って一週間分の買い物をしていたので、歩いて夕飯の買い物へ行くことがなかったな。

母はもういない代わりに、いまは私が「ママ」。
二十数年後には、あしゅりーも今の私のように一緒に買い物に行ったことを懐かしく思うのかな?

それにしてもこの春の陽気、久々に花粉症が止まりません。
オーストラリアでは症状がでないから忘れていたけれど、そういえば私、花粉症ひどかったっけ...。
いつまで続くのかな...

20130415_151027s.jpg


ブログランキングに参加しています。クリックで応援お願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

ボリ城と国立公園散策

2013/04/09 Tue

こちらも、ブダペスト引越し前の日記になります。


ハンガリーに滞在している間にヨーロッパの幾つかの国に訪れようと計画している私たちですが、取り合えずは滞在国のハンガリーを観て周らなければ、ということで少しずつ訪れたいところを考え始めています。

まずは近場からと思い、セーケシュファヘールヴァール滞在最後の土曜日はこの街にあるボリ城(Bory-Var)に、そして日曜日は車で一時間程のアルチュートドボズ(Alcsútdoboz)の国立公園に散策に行きました。

DSC_7403s.jpg
ボリ城

ボリ城、寒い時期だし誰も来ていないだろうと思っていましたが、数組の観光客が来ていました。

出掛ける前、「王様、いるの?いるなら、僕行かない。ホテルで待ってる。」ととても心配していたじょしゅあでしたが、誰も住んでないと分かると喜んでお城を歩いて回っていました。

夏の間に1,2人の助けだけで、40年かけて建築家&彫刻家であるボリさんが手作りしたお城だそうです。
お城の内外にはこの方と奥さんの絵画や彫刻などが至る所に飾られています。

Bory Var 2


お城自体はそれほど大きくありませんが、ほぼ一人で作った事を考えると「よくやったなぁ〜。」と感心するばかりです。

Bory Var 1

このお城が建てられたのは1900年代初期なので、戦争の歴史を思わせるアートも所々みられました。

DSC_7368s.jpg

あしゅりー&じょしゅあはダディと一緒に歩き、私は一人気ままに写真を撮りながら歩き回らせてもらいました。実際には、ダディのはからいと言うよりは、ただゆっくりしている私は放って置かれたというのが事実なんですが...。
あしゅりー&じょしゅあは狭い螺旋の石階段を登ったり降りたり、マツボックリを拾ったり、塔の上からの景色を眺めたり、子供なりの楽しみ方でお城見学をしていたようです。

Bory Var 3
お城の窓たち


日曜日のアルチュートドボズの国立公園の散策にはダディのお友達のピーター&モニに誘われて行ってきました。
この時期、スノードロップと呼ばれる花が一面に咲き渡っているとのことでしたが、どうやら一足遅かったようです。それでも所々咲いている白い可愛らしいお花に出会いました。

DSC_7420s.jpg


ウィキペディアによると、スノードロップの花言葉は「希望、慰め、逆境のなかの希望、恋の最初のまなざし」だそうです。このお花の雰囲気にぴったり。

DSC_7423s.jpg

公園の中にはリスが生息しているようで、時々木を登っていくリスを見かけました。

DSC_7430s.jpg

DSC_7452s.jpg

あしゅりー&じょしゅあは、面白くて優しいピーター&モニの前ではしゃぎっぱなし。
たまにはしゃぎ過ぎな時もあったけれど、あしゅりーとじょしゅあが90分間しっかりと森の中を歩いてくれたなんてビックリです。

DSC_7462s.jpg

ピーター&モニと手をつないで歩くあしゅりー。
来月結婚式を迎えるピーター&モニですが、子供ができたらこんな感じのかわいいファミリーになるんだろうな。



ブログランキングに参加しています。クリックで応援お願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
script*KT*
プロフィール

ちさこ

Author:ちさこ
<あしゅりー>
2009年1月14日 36w5d 2270gで誕生
姉御肌のおてんば娘。ガッツはあるけどシャイ。
大のパパっ子。



<じょしゅあ>
2009年1月14日 36w5d 2000gで誕生
お調子者で愛想がよく、感情表現が豊か。抱っこが大好き。
断然、ママっ子。


<わたし>
山羊座のA型
オーストラリアに住んで15年。
現在週2のお仕事を息抜きに双子育児に励む(?)

<ダディ>
かに座のB型オーストラリア人
家事に育児、得意でなくともそれなりに頑張ってくれる、自慢の旦那/父親です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

                                    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。