ぴたぱた日記 幼稚園事情

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幼稚園事情

2012/11/27 Tue

あしゅりー&じょしゅあが来年通う幼稚園が決まったので、これまでの活動と私たちの住むオーストラリアの街の幼稚園事情を紹介したいと思います。とても長くなりますが、よければお付き合いください。

あしゅりー&じょしゅあは2009年1月生まれ。日本でいうなら今年の4月から幼稚園年少さんです。
でも私たちの住む街では、一般的にまだ入園ではありません。こちらの学年初め、2月の時点で3歳半から4歳半までの幼児が入園します。あしゅりー&じょしゅあはちょうど4歳で入園です。

zoo visit
写真はお友達と動物園に行った時のものです。


幼稚園は小学校に付属しているところが多く、公立と私立とコミュニティー幼稚園から選びます。(コミュニティー幼稚園の場合は小学校に付属しません) 公立の場合は基本、学区内の幼稚園に通うのですが、学区外の公立幼稚園に願書を提出して、空きがあれば入園を許されることもあります。面接はなく、学費はほとんどかかりません。
コミュニティー幼稚園の事はあまり知りませんが、保護者たちが先生と作る幼稚園のようです。
私立の場合は好きなところに願書を出せるのですが、園の数に比べて絶対的に希望者が多く、子供が生まれたらすぐに申し込みをしないと入園は難しくなります。面接があるところが多く、学費は結構な金額だったりします。ちなみに、近所のモンテッソーリの幼稚園は年間ひとり80万円程です。ふたりで160万円…ちょっとムリ…かな。

Ashley
もうすぐ幼稚園児よ!


幼稚園探しを本格的に始めたのは今年4月。
もっとも、私たちの住む辺りの小学校は評判も悪くないのであしゅりーとじょしゅあを学区の公立幼稚園に行かせるつもりで、実際には申込書を取り寄せたり学童について調べたり、です。

幼稚園は8時45分に始まり、2時45分に終わります。
私の仕事が終わるのは6時近いので、あしゅりー&じょしゅあは保育所にお迎えにきてもらうことになります。
学校によっては稀に学童保育所が敷地内にあるところもありますが、ほとんどの場合、親が働いている子は外部の保育所からお迎えにきてもらうことになります。

私たちの住む学区の公立幼稚園に申込書を取り寄せた際に学童保育のことを聞いてみると、やはり学童保育所はないということで、近所の保育所のリストを送ってくれました。
学校の目の前に保育園があるのでまずそこに電話。問い合わせの時期も早いし、そこで決まるだろうと思っていたのですが、返事は「学童は去年いっぱいで終了しました。」とのこと。
残念〜!でもやってないなら仕方が無い。気を取り直して、さっそくリストに載っている他の保育所に電話をしました。
が、どこも返事は「幼稚園児の受け入れはしておりません。」だったり、「そちらの学校への送迎は行っておりません。」…。

こちらの幼稚園は一般的に週2日半の登園。
ただでさえ保育所に入所したい子がたくさん待機しているのに、週たったの3日程度、それも数時間しか来ず、さらにお迎えが必要な幼稚園児の学童なんかやってられない、というところなんでしょう。
産後の職場復帰率が高いと思われるのに、幼稚園児を受け入れてくれる学童保育所が少ないなんて…。他の働くお母さんはどうしているんだろう?

Tiger
トラに接近

保育所十数軒問い合わせてやっと、ひとつだけあしゅりー&じょしゅあの幼稚園にお迎えにきてくれる保育園をみつけました。他に選択肢があるわけではないけれど、とりあえず保育園の見学に行きました。

見学後の正直な感想は、「ここにあしゅりー&じょしゅあを任せるなんて、どうしても考えられない。」といったところでしょうか。
先生達は皆とても若く、十代後半か二十代。変な匂いを隠すかのように芳香剤のきつい匂いが充満していて、園児数の割にトイレが少ない感じ。そしてそのトイレにはちびっ子の人だかりができていて、床に落ちた排泄物を取り囲んでいる。(汚い話でスミマセン) 近くに先生は一人もおらず、その内にちびっ子がドアに手を挟んで大泣き。その間、年中さんクラスの方では先生が3人ほど子供達から遠くに離れて座ってデスクワークをしていて、子供達を見ている人がいない…。
どれもたまたまの出来事かもしれない。
それでも、15分ほどの短い間に見たこの保育所には嫌悪感しか湧きませんでした。
でも現実は、学区の公立幼稚園に行く限り、あしゅりー&じょしゅあをこの保育所にお願いするしかありません。

すご〜く悩みました。
公立幼稚園はひとつしか申し込みできません。
敷地内に学童保育所のある学区外の公立幼稚園に申し込んでも、越境入園を受け入れてもらえるという保証はなく、もしダメだった場合は幼稚園にいけるかどうかもわかりません。
晴れて越境で入園できたとしても、学区外なので小学校もお友達と一緒にその学校にとどまれるとも限らない。小学校で学区の学校に移るとなったら、またお友達の作り直し。しかも、幼稚園でお友達グループが出来上がっているところに入って行くことになります。男子はいいとしても、女子はグループ意識が高い生き物。あしゅりーの性格からしても、あとから入って行くのは苦労しそうです。
もちろん、それぐらいのハードルも越えられないでこれからの人生どうする!とも思うのですが、やっぱりつまづいて欲しくない、と思うわけで…。

Kids on Cart

申し込み締切は6月終わり。
悩んだ末、ダメもとで学区外の学童保育所のある幼稚園に越境で申し込みをしました。

そして8月終わり、日本から帰ってくると…入園許可が届いていました!ヤッタ〜!
もちろん、小学校もそこにいけるとはかぎらないのですが、取り敢えず来年通う幼稚園と学童保育所については希望どうり決定です。登園曜日も希望どうりで決定。これで来年も日本人プレイグループと日本語幼稚園に通うことができそうです。

入園を2月に控え、先週は幼稚園説明会に、そして今日は子供達も一緒にオリエンテーションにでかけてきました。
学校の雰囲気や校庭にいる生徒たちを眺めて、来年はあしゅりー&じょしゅあも制服を着てここにいるんだなぁと何だか嬉しいような、寂しいような、信じられないような、不思議な気分になりました。
オリエンテーションでは現在の幼稚園児と一緒に1時間ほど過ごしたのですが、二人ともそれなりに楽しそうでした。先生に話しかけられると恥ずかしさでそっぽを向いてしまっていたのが残念だったけど…。でもふたりとも幼稚園にすぐ慣れると信じています。
まだ注文していませんが、二人の制服姿も楽しみです。


Penguines



ブログランキングに参加しています。クリックで応援お願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

script*KT*
プロフィール

ちさこ

Author:ちさこ
<あしゅりー>
2009年1月14日 36w5d 2270gで誕生
姉御肌のおてんば娘。ガッツはあるけどシャイ。
大のパパっ子。



<じょしゅあ>
2009年1月14日 36w5d 2000gで誕生
お調子者で愛想がよく、感情表現が豊か。抱っこが大好き。
断然、ママっ子。


<わたし>
山羊座のA型
オーストラリアに住んで15年。
現在週2のお仕事を息抜きに双子育児に励む(?)

<ダディ>
かに座のB型オーストラリア人
家事に育児、得意でなくともそれなりに頑張ってくれる、自慢の旦那/父親です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

                                    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。